キズやヘコミがある事故車の買取り

キズやヘコミがある車は一括査定サービスへ
車買取ならカービュー

事故によってキズやヘコミが出来てしまった時は・・・

事故に遭って修理で直らないようなキズやヘコミ以上の損傷を受けた!

不幸にも事故に遭って車に大きな損傷を受け、高い修理代を支払ってまで修理をして乗りたくない場合や、板金塗装などの修理で修復が不可能だと思ったら「カービューの事故車買取査定」に申込みましょう。

事故車でも複数の事故車専門の買取業者が競って買取査定をしてくれますから、思ったよりも高い買取査定額が付くこともあります。

事故による損傷が小さくて事故車かどうかの判断が出来ない場合は、下記の『事故車の定義について』を参考にしてください。

事故車の査定は無料で簡単!  カービュー事故車買取査定はこちらから
間違っても、素人判断で事故車の処分をディーラーなどに依頼したり、すぐに廃車にしてしまうようなことはしてはいけません。事故車の処分にも廃車の手続きにも費用がかかります。また「事故車には価値はない」と言われ、タダで車を引き取られてしまうことも多々あります。事故車も買取りされる時代です。事故車専門の買取査定に申込んで正当な買取額で引き取ってもらいましょう。

事故車の定義について

不運にも事故に遭った車は、すべて事故車とされてしまうのでしょうか。それとも損傷の大小や損傷箇所によっては事故車とはされないのか…。素人には判断が出来ません。

事故車になるかならないかで、車の買取り額に差が出ます。また、本当は事故車に該当しないのに、心無い車買取業者に事故車扱いされて大損してしまうこともあります。

それでは、事故車の定義についてどのように知ればよいのでしょうか?このサイトでは下記を参考にすることにしました。

【一般財団法人 日本自動車査定協会】
「日本自動車査定協会」というところのホームページに事故車についての定義がありました。
実際は「事故車の定義」ではなく、「修復歴車の定義」ということになります。私たち一般人は、事故に遭った車をすべて「事故車」としてしまいますが、自動車業界では「事故車」という呼び方はしていないようです。「修復歴車」または「修復歴のある車」と呼ぶそうです。

日本自動車査定協会の定める「修復歴車の定義」は下記のページを参考にしてください。事故に遭ったとしても、下記の「修復歴車の定義」に該当しない車は、私たちが言う「事故車」には当てはまりません。

修復歴車の定義 ⇒ http://www.jaai.com/crossroad/


【車買取一括査定サービス『カービュー』】
車買取一括査定サービスの『カービュー』では事故車について次のように定義しています。

・キズやへこみなどの損傷で、軽度の修理によって自走可能となる車両の場合は、
 事故車に該当しません。

・事故車とは、現在の状態では自走できない、あるいは自動車としての通常の用途で
 利用ができない状態のため、大がかりな修理が必要な車両を指します。
 バンパーが割れている、塗装がはがれている、ライトが割れている、へこみがあるといった、
 軽度の損傷で、単一あるいは少数の部品交換による修理で自走可能な状態に修復できる車両の場合は、
 事故車には該当しません。

上記の事故車の定義に当てはまらない場合は、下記の一括査定サービスから査定申込みをしましょう。

事故車に該当しない車の査定は ⇒ カービューの一括査定サービス


カービュー事故車