傷や凹みのある車は修理しないで車買取査定へ

傷や凹みがある車を修理してから車買取査定で売ってはいけない理由とは…

車の傷や凹みを修理してから査定すると買取額は確かに高くなるけれど…

傷や凹みがある車を車買取査定に出すと買取額が安くなりそうだからと、修理してから買取査定に出した方が高くなるかもしれないと誰もが考えると思います。

車の傷や凹みがなくなるのですから、確かに買取額は高くなります。言ってみれば当然なことなのですが、手放しで喜ぶわけにはいきません。

確かに車の買取額は高くなりますが、その修理にかかった修理代金ほど車買取額は高くならないのです。
何故でしょうか?・・・ここに車買取業者のカラクリがあるのです。

車の傷や凹みを直しても車買取額の増額が修理代より高くならないカラクリとは

せっかく車の傷や凹みを修理したのに、車買取額のアップ分が修理代より少ないと、アレレッ!・・・と、思ってしまいますよね。

何故、このようなことが起きてしまうのでしょうか。

実は、車買取業者の多くは自社、または提携する自動車整備工場を持っているのです。ですので、私たち一般人よりも車の修理を安くあげることが出来るという訳です。例えば、車の傷や凹みなどの板金修理代も安くあげられるので、車買取額が修理代よりもアップしないのです。

以上から、車買取査定に出すのなら車を修理してはいけません!ということです。


修理してはいけないのは傷や凹みだけじゃない!

故障やその他の問題や不具合がある車を、車買取査定に申込んで買取りして貰いたい場合には、それらの修理や対処をしてはいけません。どんな車が当てはまるか挙げてみました。

上記のような車を買取査定に申込む場合、例えば故障車を修理してから買取査定に出してはいけません。他にも、車検が切れている車を車検に通してから買取査定に出すということも厳禁です。
とにかく、買取査定サービスに申込む場合は現状のままの車を査定して貰うというのがベストです。
更に、車買取業者による問題や不具合のある車の買い叩きを防ぐためには「車一括査定サービス」を利用するのが賢明です。

問題のある車はそのまま車買取査定へ  無料の車一括査定サービスはこちら